ソーシャル
亡國アリス 2008年04月04日
FC2ブログ
03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 05

New Entry



早売りザンプネタバレ ~ガンバれガンバれ~
突如現れた師匠の攻撃によってレベル4がとんでもないことになりました。そして再来週のDグレについてお知らせが。
以下早売りザンプネタバレ↓
















来週号簡易ネタバレ↓







前回の続き。
突然現れた師匠の姿に驚いていたコムイだが反応のあった無線からリーバーの声が。
どうやら第5研究室の下の瓦礫と炎の中ミランダが発動した時間停止の中に科学班たちとマリたちがいると。そこからティエドールの抱擁ノ庭も見えるようで元帥たちの無事が確認されている。
消火を頼むリーバーに了解しミランダの体力消耗を減らすため一同まとまって発動範囲を狭めて欲しいと頼むコムイ。自分は上に戻るがアレンたんとリナ嬢と共にレベル4の破壊を頼めるかと願うコムイに「言われるまでもない 言って良いぜ「室長」」と余裕の表情で答える師匠。

瓦礫に背を預けるキャンダとラビスケに気づいたコムイは武器がないのに戦わせて悪かったと謝罪するものの「はぁ?テメェに謝られる筋合いはねぇ アクマと戦んのが俺の仕事だ」ときっぱり言うキャンダ。そんなキャンダの発言に「ユウってばマジ男前・・」とどうしようもない発言をするラビスケ。
ここで先ほど無線で連絡していたのが聴こえたのか「研究室に生きている人がいるの・・!?」と叫ぶリナ嬢。それを聞いたアレンたんも「そうなんですかコムイさん!?」と問う。そんな二人に「あぁ!」と喜びつつ答えると安心したかのように微笑むリナ嬢。そしてその脇で泣くアレンたん。上の階へ消火しに行ったコムイを無言で見つめるマルコム。


一方腹に大剣刺されたままのレベル4は「きらい きらい きらい いのせんすだいきらいぃっ」と大剣を戻そうと必死になる。まだ動けるレベル4に驚いたアレンたんだが突如右手で攻撃してきたレベル4からとっさに離れる。
「がああああぁああっ」と無理やり引っこ抜いたアレンたんの大剣を地面にぶっさし「あまいね このぼくがこのくらいでこわされるわけないでしょ」とハァハァ言いながら笑うレベル4。

そんなレベル4の前に先ほどぶっさされた大剣の上に師匠が現れると「いいや お前はブっ壊れるんだよ」と瞬間移動のような速さでレベル4の前に移動し銃口を突きつける。
「理由を教えてやろうか」と言うと突然銃をぶっ放つ師匠。だが次の瞬間放たれた銃弾を間一髪で受け止めたレベル4は「ぎ ぎぎぎ ぎっふ・・あまく・・みられたものですね・・っこんなもの!」と食い止めていた銃弾を破壊。
してやったりという顔をしたレベル4だが「見えたのは一発だけか?」と余裕で問う師匠。向けていた銃からは何発もの銃の空が落ちる。
その直後レベル4の額から血が流れ始め銃をくらった場所にマリアのマークが現れそこからブクブクと肥大化し始める。
「おっとそうだ 理由だったな」と膨れ上がるレベル4の前に何事もなかったかのようにスラスラ話始める師匠。「一発は教団の連中の分ってことにしてやろう 一応な オレだってそこまでひどい人間じゃない で 残りはオレの服を台無しにした分だ」とにっこり笑った直後盛大に高笑いしはじめた師匠の姿にリナ嬢とアレンたんは青ざめる。

だがその直後肥大化したレベル4は上空へと舞い上がり逃げようとする。
シャッターを閉めるようとっさにヘブラスカに命令したマルコムだが間に合わないと絶望するヘブラスカ。しかしここでアレンたんが道化ノ帯をつかってレベル4を捕獲。

必死に食い止めていたアレンたんだがそれでも上に上っていくレベル4。逃げられてしまうと思った矢先「ほら ガンバれガンバれ」とシャッターの横に座って楽しそうに観覧しているソカロとクラウドの姿が。
「来いよ たぁっっぷり遊んでやるぜ」とニヤニヤしながら言うソカロに絶望するレベル4。その直後アレンたんとリナ嬢の攻撃で腹に穴が開く。
閉まっていくシャッターを前に「ちくしょう くやしいなぁ」と呟くレベル4。
「でもいっぱいころしてやったよ はくしゃくさま」と閉じかけるシャッターの間からレベル4の呟きが聞こえ終了。次号へ。





煽りで「決着・・!?」と書いてあることから次でレベル4さようならだと思いますが






次号作者取材で休載。





なんていいところで・・・!!!!!!






スポンサーサイト



2008/04/04 22:51 † ザンプ感想 † トラックバック(-) † RECENT COMMENTS(-)
HOME